金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてFXと学資保険ではどちらの方が良いのか

金融関連の商品には、色々なタイプがあります。そして保険の商品も、その1つなのです。保険はたまに金融と切り離されて考えられる事がありますが、実際には金融ジャンルの1つに該当します。そして将来の備えの為に、保険商品に加入している方々も多く見られますが、FXがその代わりとしてクローズアップされている事があるのです。 例えば学資保険という商品があります。

お子様に万が一の事態が発生した時に備える為の保険商品ですが、貯金に近い商品になるのです。いわゆる戻り率というシステムがあって、加入してから数年後にはお金が受け取れるタイプの商品になります。もちろんそれには、いくつかの審査などの発生する事になるのです。 ところがその保険商品に加入をしている方々は、たまにそれでは不安だと感じています。

なぜならその商品に加入をしていても、本当にお金が下りるのか否か不安になっている方も見られるのです。 確かに保険商品は、必ずしもお金が下りるとは限りませんね。前述のように審査などもありますので、学資保険に関して不安を覚えている方々も、決して珍しくはありません。 ところで前述のように、FXがその代用候補になる場合があります。

すなわち学資保険の代わりにFXを用いるという考え方ですが、確かにそれは悪くないと思います。というのも学資保険は、戻り率はあまり高くありません。商品によっても異なるのですが、5%前後になっているケースが目立つのですね。それではあまり大きな金額ではないと思う方も、珍しくはない訳です。

ところでFXという商品は、やり方次第では5%以上の利益が見込める訳です。やはり利益率を考えれば、FXの方がメリットが大きいとも言える訳ですね。ですので学資保険で備えると言うよりは、むしろFXの方が望ましいとも言える訳です。 ただしFXには、もちろんリスクもあります。それを考慮した上で、学資保険とFXのどちらを選ぶべきかを判断すべきでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ