金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

長らく破られなかった壁が決壊したので大きな動きになった

最近ある外貨にて、とてつもない下落が生じています。ここまで大きな下落は、過去数年間に存在していません。その外貨で売買をしていた方々は、恐らくかなり大きな被害をこうむっていると思います。あそこまで大きな下落が生じると、やはり損失額も相当なレベルだと思われるのです。

ところでなぜそのFXの外貨で、それだけ大きな下落が発生したかと言うと、やはり決定的なのはある一線を超えてしまったからでしょう。長らく破られなかった壁が、とうとう破られてしまったのですね。 実は数年前に、FXの業界では非常に大きな金融ショックが発生しています。

その時にも、前述の外貨は大きく下がっていたのです。その時には余りにも大きな下落が生じていたので、驚愕していた方々も多かったと思います。 しかし最終的には、その時の下落は一旦止まっているのですね。仮にその時の値段を10円としましょう。すなわち10円という価格にて、一旦は下げ止まりになっている形です。 それから数年間は、ずっと膠着状態が継続していました。もしかすると下がるのではないかとの話題も浮上していたのですが、結局下がらなかったのですね。

それで前述の10円という値段などは、間違っても下がることは無いと期待されていたのです。 ところが今年の動きは、かなり特別な状況になっています。早々に大きな下落が発生してしまったのですが、その際に上記の10円という壁が破られています。数年間に渡って破られなかった壁が決壊しているので、非常に大きな下落になっている事だけは確実なのですね。

このようにFXでは、長らく破られなかった壁を破られると、大きな動きが生じる傾向があります。しかもその壁は、膠着年数が長ければ分厚くなる傾向があります。3年間膠着しているよりは、10年以上膠着している時の方が、壁は破られづらいものです。 ですのでFXで売買をする際には、破られづらい壁に着目をしてみると良いでしょう。それだけでも成績が大きく変わってくると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ