金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

なぜFXでは複数の動きを監視するのが良いのか

FXでの売買では、様々な動きを監視する事になります。そして、その際には複数の動きを監視するケースがほとんどなのですね。1つだけではありません。 例えばFXの米ドル円などは、よく売買で用いられています。そして多くの方々は、その米ドル円の動きだけに着目しがちなのですが、実はそれでは不十分な一面があります。

大局観を見据えるとなると、もっと別の数値に着目した方が良い事も多いのですね。 例えばユーロドルは、やはり着目した方が良いのです。というのもその動きを見ておかない事には、米ドルの本来の動きが見えづらくなるケースがあるのです。 例えば米ドル円が上昇したとします。そしてその上昇は、一過性で終わるケースも多いのですね。一旦は上昇しているものも、もしかすると大口トレーダーが仕掛けていて、ストップ狩りなどを狙っている可能性もあります。

それで損失が発生してしまうケースも、多々見られるのですね。ですので米ドルの上昇を見ただけでは、必ずしも売買チャンスとは言えない一面があります。 ところがユーロドルの動きも見てみると、話が異なってくるケースも多いのです。ユーロドルを見てみたところ、下落が生じていないとします。ユーロドルでは何も動きが生じていないとなると、いよいよ前述の米ドルの上昇は、いわゆるストップ狩りとも考えられるのです。

ですのでそのタイミングでは、ちょっと仕掛けるのは慎重になった方が良いでしょう。 それは何もユーロドルだけではありません。前述の米ドルのような外貨を用いるとなると、むしろ株の動きを見た方が効率的な一面があります。というのも米ドル円というのは、株と連動している傾向があるのですね。株価が上昇している時には、米ドルも上昇する傾向があります。 そして上記のような米ドル円の上昇が発生していて、株価が上昇していない時には、やはりダマシだと考えられる訳です。それらを見破る意味でも、やはりFXでは複数の動きを監視するのは大切でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ