金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

税率の変更に伴って外貨の価格が大きく下がる年末

FXでの売買では、必ず外貨を用いることになります。そして外貨は、様々な要因で動いているのです。本当に複雑な要素が絡んでいるのですが、その1つが税金の変更です。税率などの変更により、たまに外貨での大幅な売りが生じる事があるのですね。 例えば外貨建ての商品に関わる税率の変更点です。ある時までの税率は、利益に対して30%になっていたとしましょう。もっとも30%という数字は、少々極端なものではあります。

そしてその30%という数字が、年をまたぐと変更するケースがあるのですね。極端な話、それが70%などに変わることもあるのです。 その時に保有していた外貨建ての商品の購入総額が、例えば1,000万円だったとしましょう。それで年内に売却をした場合は、300万円分の税率が生じる事になる訳ですね。そして新年になりますと、それが単純計算で倍になってしまう訳です。

上記の事例では70%になっている訳ですから、700万円分の税金が生じる事になります。 差し引きで400万円分もの税金が生じるとなると、やはり多くの方々は年内に売却をしておきたいと思うものです。400万円は、非常に大きな金額になるからです。 そして世間では、外貨建ての商品を保有している方々は、非常に多く見られます。ですのでクリスマスのシーズンなどは、上記のような税率の変更に伴って、外貨の売却が生じやすくなる訳ですね。

それで外貨の価格が下がるケースも、多々見られる訳です。 思えば年末のシーズンなどは、外貨の動きが少々不規則になりがちです。その裏には、上記のような税金関わる変更などの原因が、必ず潜んでいる訳ですね。それだけが唯一の要素ではありませんが、必ず何らかの理由があります。 このようなケースもあるので、FXで売買をするとなると、外貨に関わる税金の問題などにアンテナを張り巡らせる方が良いかもしれません。それで利益率なども、大きく変わる可能性もあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ