金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションは値幅の予測が必要ない分だけ単純です

外国為替証拠金取引や、あるいは外貨預金などで投資をする場合、為替レートが上昇するか下落するかを予測するだけではなく、どれくらいの値幅になるのかを予測しなければなりません。上昇するという予測が当たったとしても、コストを抜くことができなかったり、あるいは平均的な損失をカバーできなかったりすることもあります。ですから、上がるという予測が当たったとしても、どれくらいまで上がるのかを予測しなければなりませんから、これはなかなか難しいことです。

バイナリーオプションはどれくらい上がるのかを予測しなくても良いというメリットがあります。上がるか下がるのかを予測するだけで、たとえばドル円レートが上がる方にかけた場合、10銭上がっても1円上がっても利益は同じです。基本的には値幅に関係なく利益が決まります。円安だと思えばドルが上がる方にかければ良いですし、円高だと思えばドルが下がる方にかければ良いという、ごく単純な取引を行うことができます。

トレーディングを行う際に予測しなければならないことは上がるのか下がるのかだけではなく、上がるとすればいつまでにどれだけ上がるのかを予測しなければなりませんし、下がるとすればいつまでにどれだけ下がるのかを予測しなければなりません。個人投資家が長期間で投資をする場合、「いつまで」という部分はあまり気にしなくても良いかも知れません。たとえば、年金の代わりに貯蓄しようと思っている人なら、円安になるかどうかを予測すれば良いわけです。

バイナリーオプションは、為替レートを判定する期限が最初から決められていますから、「いつまで」という部分がかなりシビアに決めなければなりません。この点は少し難しいところです。長期的に円安になると言うことが分かっていても、短期的には押し目を形成してしまうこともあります。これによって損失を発生させることもありますから注意が必要です。ここは難しいことだと言わざるを得ないでしょう。

値幅は予測しなくて良い代わりに、時間を厳密に予測しなければならないのです。この点が他の投資商品と異なる部分です。たとえばFXと比較した場合に、どちらが優れているのかと言うことを考えるのではなくて、そもそも特徴が異なるものだというように考えておくべきでしょう。どちらか一つができるよりも、両方でトレーディングを鍛えるおとによって、相場に関する感覚を良くすることができるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ