金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

なぜ銀行よりもFXの口座に預けるのが良いか

FXは、たまに銀行と比較されます。そしてこの金融商品に関心を抱いている方々は、FXの口座に預ける方が良いと考えている事も多いのです。その理由は、やはり利息の問題だと思われます。 そもそも現在の日本の銀行では、金利などはかなり低めになっているのですね。銀行の預金商品の中では、定期預金などは比較的金利は高めになっていますが、それでも満足行くレベルではないと思う方も多いです。

というのもFXの場合は、金利が1%未満になっているケースも珍しくないのですね。金融会社によっても異なりますが、0.1%を下回っている商品もいくつか見られます。それではなかなかお金を増やすのも難しくなってしまうでしょう。 ところが冒頭で申し上げた投資関連の商品の場合は、話は全く異なるのですね。一般的に多くの投資家の方々は、南アフリカランドなどに関心を抱いている傾向があります。

少なくとも日本の円という通貨に比べれば、遥かに金利が高めになっている訳ですから、それに興味を覚える方々が増えるのも当然ではないでしょうか。 ですので南アフリカランドなどは良い選択肢の1つなのですが、実は他の外貨を用いても、比較的大きな利益が生じる事もあります。例えばニュージーランドなどは、やり方次第では大きな利益が生じる事も多々あるのですね。

私の知り合いのトレーダーは、普段はサラリーマンとして働いています。いわゆる営業職で働いている傍ら、FXの売買を行っているのですが、レバレッジ1倍だそうです。 1倍ともなると、利益率などもかなり低くなるように思われるかもしれません。

しかし実際には指値などを駆使する事により、年利が1%位になるケースも珍しくないようなのですね。貯金商品の金利が上記のような状況なのですから、明らかにFXの方がメリットが大きいと思われます。 ですので銀行に預けるよりは、やはりFXの口座を活用する方が、遥かに良いと思う次第です。純粋に利益率の意味で、FXがおすすめと言えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ