金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

デイトレでよく用いられる南アフリカランドとその手数料

南アフリカランドは、FXで売買をする時の選択肢の1つです。そのアフリカの外貨の場合は、総じて金利がクローズアップされる傾向があります。他の外貨に比べればかなり高めな金利になっているので、基本的には長期スタンスで検討している方々が多いのですね。 確かにそれも1つのやり方ではあります。しかし、実は南アフリカランドはデイトレで売買が行われる事もあるのですね。

しかも意外と多くの方々が、デイトレで売買を行っている傾向があります。 私は確かに、南アフリカランドはデイトレ向けの一面があると思います。というのもこの外貨は、意外と大きく動くのですね。 確かにレートだけに着目しますと、やや動きが小さいように見えるのですが、実際に売買を行ってみると意外と大きく動いていることが分かります。 そしてこの外貨の場合は、やはり手数料が一番大きなポイントになってくるでしょう。

というのも南アフリカランドの場合は、他の外貨よりはスプレッドが広くなっているのですね。 一般的に米ドルなどの場合は、手数料はかなり低めになっているので、それで売買を行っている方も多く見られます。ところが南アフリカランドの場合は、かなりその手数料が広めになっているのですね。少なくとも米ドルなどと比べると、かなりスプレッドが広めになっているのが特徴的です。

ですので、少なくともその手数料をカバーできるほどの利益を発生させることがポイントになるでしょう。利益を目指したところで、肝心の手数料でマイナスになってしまっては、あまり意味がありません。手数料を上回るだけの利益が発生するか否かが、大きなポイントになる訳ですね。

ただ南アフリカランドのスプレッドなどは、それぞれの業者によって大きく異なる一面もあります。中にはかなり手数料が格安な金融会社も見られるので、できるだけ短期売買のコストを低く抑えたい時には、そのようなFXの会社で口座を作ってみるのも一法でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ