金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ダマシなどが発生する確率が低いカナダドル

カナダドルに関心を抱いているFXのトレーダーは、意外と多いです。メジャーな外貨の1つなのですが、米ドルなどに比べるとやや地味な印象が感じられるのは事実ですね。ですがやや妙味がある外貨なので、関心を抱いている方々が多いのも事実です。 カナダドルはどのような魅力があるかと言うと、ダマシが発生する確率です。他の外貨と比べると、その発生率が比較的低めになっているのですね。

例えばポンドの場合は、ダマシ発生率はやや高めな傾向があります。私も以前にポンドを用いての売買を行っていたのですが、変則的な動きが発生する確率が高いのですね。それだけに、少々難しい一面があります。 特にその傾向が顕著なのは、上値抵抗線などに近づいた時です。ポンドは、そのラインに近づいた時に、思わぬ急上昇などが発生する事があります。

抵抗線が破られたので、一般的には上昇トレンドが発生しているとも解釈できる訳です。そのような事が頻繁に起こり得るのが、ポンドの大きな特徴の1つです。 しかしそのような時には、実はダマシが発生している確率が高いです。いわゆる大口のトレーダーの方が売買を行っていて、わざと抵抗線が破られている事も多いのですね。それで多くの方々が引っかかってしまって、損失になっているケースが目立ちます。

デイトレで売買を行う方にとっては、ダマシは死活問題の1つと言えるでしょう。 ところがカナダドルの場合は、上記のようなダマシが発生する確率が比較的低めになります。もちろん稀にそのような事もありますが、基本的にはポンドよりは発生率が低めになっている訳ですね。

それだけに、デイトレで売買を行う方にとっては、カナダドルの方が魅力的な一面があります。 人によってはFXの売買で、ポンドや米ドルなどで大きな損が発生している事もあるでしょう。その場合は思い切って、カナダドルなどに乗り換えてみるのも一法です。スプレッドは比較的広めですが、試してみる価値はありますね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ