金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

いつに無くイレギュラーな動きになっていた南アフリカランド

日は、南アフリカランドにとっては重要な日だったようです。なぜなら、いつに無く大きな下落が発生していたのですね。 まず本日のオープン時の動きが、非常に激しいものでした。先週の末の時点では、南アフリカランドの価格は7.2円前後になっていたのですね。オープン時には、7.1円前後になっていました。そしてわずか数分後に、6.5円前後にまで下がってしまったのですね。

わずか数分で0.6円もの動きが生じるのは、このアフリカの外貨としては非常に珍しいパターンです。この外貨の場合は、まる1日かかっても0.6円もの動きが生じない傾向があります。わずか数分でそれが達成している状況なのですから、いかに本日の動きが激しかったかを物語っています。

それだけではありません。大幅な下落が生じた後には、今度は大きな上昇も発生しているのですね。現時点では、7.1円前後になっている状況です。 南アフリカランドでこのような動きが発生するのは、極めて稀です。たまにこのような動きが生じる事もあるのですが、少なくとも何らかの大事件が起きている事だけは確実でしょう。 ところで上記のような大幅な下落が生じた原因は、個人的には指値ではないかと思います。

と言うのも為替の動きが発生してから数分も経過しない内に、6.5円前後にまで下落しているからです。そこまで一気に大きな動きが生じるのは、たいていは指値なのですね。 恐らく誰かが、南アフリカランドの売り玉の指値を入れていたのでしょう。それが見事に約定した事によって、大幅な下落が生じていたのだと考えます。そしてストップ狩りなどによって、サイドの大きな上昇が発生していたのだと推理する次第です。

何とも興味深い動きが発生していることは確実ですね。 いずれにしても南アフリカランドは、FXではちょっと注意を要する外貨の1つだと思います。レバレッジの計算などはやりやすいですが、上記のような大きな動きによって、大損失が発生するリスクだけは要注意でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ