金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

年明け早々に波乱の動きになっている今年の米ドル

今年は、年明け早々に非常に大きな動きが生じていると感じています。毎年の年明けのタイミングでは、確かに大きな動きが生じる傾向はあります。しかしこれだけ大きな動きが生じるのは、かなり珍しいですね。 例えば米ドルには、その特徴がよく現れています。

去年の末の時点では、その外貨のレートは120.3円前後になっていたのですね。わずか10日くらい前の価格ですが、現在の価格と比較をすると、信じられない状況です。現時点では、117円台になっているからです。 例えば1月5日などは終値が119円台になっていますし、1月6日には118.5円近くになっている状況です。

その後も下落の勢いはどんどんと加速していき、1月7日には117円台半ばにまで下がっているのです。 年明けに大きな動きが生じるのは、大いに起こり得る事ではあります。過去にも同様な動きが、何回も発生しているからです。 ところが今年のように大きな動きが発生しているケースは、それほど多くはありません。

今年は、少々は波乱の1年間になる気がしてなりません。 ところで上記のような状況になっている理由は、2つあります。まず1点目ですが、原油の価格が下落してきているのですね。 オイルの価格というものは、世界の様々なものに対して影響を及ぼす傾向があります。米ドルなどもその1つなのですね。思えば去年の末の段階でも原油の価格が大きく下落していましたが、現在になってその影響が出ている形になります。

またオイルだけでなく、アジアのある国の影響を受けているとも考えられるのですね。アジアのある国にて大きな動きが発生しているので、それに引きずられて外貨の価格が下落している状況だそうです。 どちらにしても年明けというタイミングでは、FXでこのような動きが発生しがちですね。ですのでこの金融商品では、年明けのタイミングではあまり売買をしない方が良いと思います。売買をするにしても、できるだけレバレッジを抑える方が良いのではないでしょうか。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ