金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

動きが少々読みづらいので夏は売買を控える

FXの相場には、一定の傾向があります。それを踏まえておくだけでも、売買がやりやすくなる事が多々あるのですね。 一般的にFXは、夏の時期には余り売買はしない方が良いと言われています。なぜならその時期になりますと、よく分からない動きが生じる事も多いからです。

この金融商品で稼げる局面というのは、往々にしてトレンドが発生している時ですね。いわゆる上昇局面が明らかな時には、売買をしやすい一面があります。上昇をしている以上は、もちろん買い玉を保有すれば良いからです。 ところが夏のような時期になりますと、本当によく分からない動きが生じる事も多いのですね。一般的に夏休みの時期は、動きが少々少なくなりがちです。

その理由は、マーケットに参加をする方々の人数になります。 そもそも上記のような上昇局面になるのは、マーケットに参加をしている人数が多いからです。多くの方々が市場に参加をしてくれれば、いわゆるトレンドなども発生しやすくなります。 ところが夏の時期の場合は、マーケットに参加をしている方々の人数が少ないので、トレンドも発生しづらくなる訳ですね。

それでどちらの方向に動くのかがよく分からなくなるので、今後の状況を見通せないケースも多々あります。ですので、基本的には夏の時期には売買をしない方が良い訳ですね。 ただしたまに例外もあります。去年などはその一例でした。 去年の夏は、本当に動きが激しかったですね。ちょっと中国に関わる色々な事情があって、様々な株価が下落をしていたのです。それが外貨にも影響を及ぼした結果、いわゆる下落トレンドが発生していたのですね。

ですので夏の時期だからといって、トレンドが発生しないとは断言できない一面もあります。 ただ去年の夏の場合は、やや読みづらい状況だったのも事実ではないでしょうか。下落をするからと言って、うかつに下値を追いかけるのも難しい状況でもありました。それも踏まえると、やはり夏の時期はFXの売買は控えた方が良いと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ