金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてお金を借りてFXをする選択肢は正しいか

投資商品に対しては、しばしば融資が検討されます。なぜならある程度まとまったお金を用いて、投資をしたいとの発想が浮上するからです。 そしてFXに対しても、その発想が浮上している事例がしばしば見られます。なぜならその商品では、確かに大きく稼げる可能性もあるからです。 そもそも投資関連の商品では、まとまったお金があれば、それだけ大きく資産を増やせる可能性もあります。

そしてFXも、かなり大きく増やせる可能性を秘めているのです。どれ位増える可能性があるかと言われれば、それはやり方次第と言えます。 この商品での利益率は、いわゆる売買手法に大きく左右される事が多いです。短期売買などで取引を行うと、基本的には利益率は高めになりますね。しかし短期でのやり方となると、逆に大きな損が生じる可能性をあるので、注意は必要です。

ただ私の経験上、FXではレバレッジをかなり低く抑えていれば、特に問題は無いと考えられます。私の場合はレバレッジは1倍未満になっていますが、それでもそこそこの利益が発生している状況なのですね。どれだけ悪くても、年間の利益率が50%前後になっているケースが多いのです。好調な時であれば、1年間に100%になる事があります。 そして前述の融資関連の商品の場合は、それよりも年利が低めになっている事も多いのですね。

いわゆる銀行などから借りるとなると、高くても年利18%前後になります。前述のような50%という利益率になっている訳ですから、差し引き分でも32%分の利益になる計算です。もっとも実際には、色々と手数料なども差し引かれる事になります。それを考慮しても、20%くらいの利益率になるケースが目立つ訳です。 ですので融資を受けてFXの取引をするという発想は、別に間違いではないと思います。ただし前述のようなリスクもあるのは事実なので、それだけは考慮をして取引を行うのが良いでしょう。この商品では、やはりリスクは一番大切です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ