金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

クラゲのようなローソクが出たら基本的には売り玉を

FXでの売買では、ローソクを見るケースが非常に多いです。そしてそのツールには、様々な形のパターンが見られます。それをある程度暗記しておきますと、この商品の売買がやりやすくなる事もあるのです。ですので効率的に売買を行いたいと思うなら、いくつかのパターンは暗記しておくと良いでしょう。

ところで1つ覚えておくべきパターンは、クラゲのような形状です。ローソクの形を見てみますと、たまにクラゲのような形状をしたパターンが見られる訳です。そのようなローソクが出現した時には、ちょっと警戒をした方が良いでしょう。なぜなら今後の動きは、下落をする可能性も比較的高いと考えられるからです。 クラゲというのは、胴体部分が非常に小さいタイプですね。

そして足がかなり長く伸びている状況で、いわゆる下ヒゲが長いローソク足になります。そして、そのようなローソクが出ている時には、下落リスクは比較的高いと言われています。 そして下落をする時には、もちろんFXでは空売りを仕掛ける方が良い訳ですね。いわゆるショートのポジションを保有する方が、それだけ利益率が高まる傾向があります。

ですのでチャートを見て動きの分析をする時には、クラゲには着目をした方が良いでしょう。 またクラゲは、首吊り線と呼ばれることもあります。何とも不気味な名称ですが、そのようなタイミングで買い玉を保有してしまいますと、大変な状況になってしまう事を揶揄したものです。

なおクラゲや首吊り線などは、基本的には高値圏で出現する傾向があります。安値圏ではありませんね。かなり長い間上昇が続いた後にそれらのローソクのパターンが出現した時には、基本的には空売りで仕掛けることを考えると良いでしょう。 ただしFXのクラゲは、確率は100%でもない点は要注意です。たまに例外が発生する事もあるので、それを考慮した上で建玉を保有するべきですね。リスクを十分に考慮する事は、この金融商品では基本になる訳です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ