金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

窓がトレンドと同じ方向に開いた時には逆張りがおすすめ

近頃、ある有名なFXのトレーダーが興味深いことを言っていました。窓空けに関するセオリーです。 FXでは、早朝のタイミングでは必ずと言って良いほど窓が開いているでしょう。そしてその開く方向がトレンドと一致しているか否かにより、今後の方向性も決まってくる事が多いとの話です。

結論を申し上げれば、窓が開いている方向がトレンドと一致していると、むしろ逆の方向に動く事が多いのだそうです。すなわち、逆張りで取引をしてみるのが正解になる訳ですね。 どういう事かと言うと、例えば次のような例があります。ある時に、米ドルの価格が80円だったとしましょう。それで週末のタイミングを迎えたので、いわゆる終値が80円になっていたとします。

それでオープン時には、また別の価格から始まることになるのですが、それで例えば79円になっていたとしましょう。しかも米ドルのトレンドは、いわゆる下落基調になっていたとします。 そのような時には、たいていはリバウンドが発生するのですね。つまり上記の事例では79円から、80円台などに上昇する事が多い訳です。上昇をする訳ですから、もちろん買い玉を保有するのが望ましい訳ですね。

またそのリバウンドは一過性ではなく、継続する傾向があるのだそうです。つまり80円台から、81円や82円などに上昇する傾向があります。であれば、なおさら買い玉を保有するのが望ましい訳ですね。 前述のFXのトレーダーによると、そのような動きになる確率は、比較的高いのだそうです。

ですのでトレンドと一致しているような窓の開きが生じた時には、いわゆる逆張りで臨んでみるのが良いと思われます。 ちなみに上記は有名なセオリーではあります。しかし必ずしもセオリー通りに進まない事があるのもFXです。ですので上記の事例ではロスカットの注文を発注しないのでは無く、必ず78円台などに逆指値に注文を入れておくべきでしょう。そうでないと大幅な下落により、大損失が生じる可能性もあるからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ