金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXの外貨によって異なる経済指標が発表される時のリバウンド発生率

FXの売買をする場合は、ニュースなどにはアンテナを張る方が良い一面があります。とりわけ経済指標などには、やはりアンテナを張っておくのが望ましいのですね。そうでないと、大きな損失が発生する可能性もあるからです。 例えばアメリカの雇用統計などが発表される時には、やはりFXの動きには注意が必要です。一歩間違うと、大きな損失などが生じる可能性があるからです。

ところでその雇用統計が発表された後には、リバウンドなども発生しやすい傾向があります。そして外貨によって、そのリバウンドの大きさも異なるのですね。 例えば米ドルの場合は、リバウンドが発生する確率は比較的低めになります。雇用統計によって、大きな下落が生じたとしましょう。それで上昇のリバウンドが発生する事も多い訳ですが、米ドルはその確率が比較的低い訳ですね。

ところがイギリスのポンドなどの場合は、かなり話が異なってきます。その外貨の場合は、かなりの高確率でリバウンドが生じているのです。 そして上記の事例の場合は、リバウンド時に買いの玉を保有する選択肢もあるでしょう。ですのでポンドの場合は、いわゆるリバウンドが発生しそうな時に、買い玉を保有するのが良い訳ですね。逆に米ドルの場合は、必ずしも買い玉を保有するのが望ましいとも言えません。

ちなみに数ある外貨の中でも、高金利のタイプなどは、上記のようなリバウンドが発生しやすい傾向があります。ですので豪ドルなどを用いて売買をする時には、上記のような上昇が発生しそうな時に、買い玉を保有すると良いでしょう。 FXの外貨は、それぞれ動きの特徴も異なる訳ですね。

その特徴を良く把握してから売買をする方が、利益率も変わってくるでしょう。 ちなみにそのような特徴は、やはりチャートによって把握できる傾向があります。過去の動きをよく注視してみて、指標が発表されている時にはどのような動きになっているかを、よく確認すると良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ