金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションは変動幅の予測が不要

バイナリーオプションが人気を集めている理由の一つが取引の単純さです。株式や債券、あるいは先物取引などのトレーディングを行うときには、価格の変動がどうなるのかを予測しなければなりません。価格の変動というのは、まず上昇するのか下落するのかを予測するとともに、どれくらいの変動幅があるのかを予測することも必要です。

たとえば、上昇するということが分かったとしても、その利益が100円くらいしかないのであれば、手数料を考慮すれば赤字です。取引をするにしてもコストはかかるのですから、せめてコストを抜けるだけの利益が出るのかどうかを予測しなければなりません。これが一般的なトレーディングの基本なのですが、バイナリーオプションは変動幅については予測しなくて良いというメリットがあります。

バイナリーオプションの中で最もメジャなーものがハイローオプションです。ハイローオプションでは、上昇するのか下落するのかを予測します。たとえばドル円レートが上昇すると予測した場合、10銭だけ上昇した場合でも20銭上昇した場合でも、あるいは5銭しか上昇しなかった場合でも利益は同じです。外れた場合の損失も同じです。どれくらい上昇するのかを予測しなくて良いというメリットは非常に大きいでしょう。株式にしても債券にしても、トレーディングと呼ばれるものは何かとルールが難しいですし、キャピタルゲインだけではなくてインカムゲインのことも考えなければなりません。レバレッジをかければ金利による損失も考えなければならないのですから複雑です。このようなことを一切考えなくて良いという点では、バイナリーオプションは非常にわかりやすいです。

変動幅を予測しなくて良いというメリットは色々なシーンで役に立ちます。特に、変動幅が小さすぎるときには便利です。他のトレーディングを行うときには、どれだけ予測が優れていたとしても、価格が変動しなければ利益を得ることはできません。変動が小さすぎればコスト抜けもできません。このような状態を「凪」と呼びます。凪の状態が続くと利益を得ることができなくなるわけです。

バイナリーオプションの場合にも、全く変動しなければ利益を得ることはできませんが、少しでも動けば利益の機会はあります。凪であっても、少しでも動くことが予測されれば稼ぐことは可能です。他のトレーディングでとは異なっているのがこの部分で、どのような相場でも収益のチャンスがあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ