金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

目には見えなくても実は日曜も変動しているFXの相場

金融関連の会社は、土曜日や日曜日などはたいてい動きません。平日などはどの会社もオープン中しますが、いわゆるカレンダー通りに営業する金融関連の会社が目立つ訳ですね。 ところで人によっては、休日などに売買をしたいと思っている場合があります。いわゆる金融関連の商品を用いて、日曜日などに売買をしたいと思っている方も多いのですね、FXもその1つになります。

考えてみるとサラリーマンの方などは、平日の時間帯は売買が難しいですね。休日でないと、売買が困難なケースも多々あります。 ではFXでは休日の売買は可能かと言われれば、実質的には不可能です。どの会社で口座を開いても、日曜日には売買は難しいと考えた方が良いでしょう。 しかし実は、外貨というのは休日も動いているのですね。目には見えませんが、確実に変動しています。

少々話は変わりますが、月曜日のオープン時には、たいていは窓が開いているでしょう。日曜日に止まっている筈なのに、なぜ月曜日に窓が開いているのか、少々不思議な方も多いかもしれません。 しかし、それは実は当たり前なのです。前述のように日曜日のタイミングでも、実は相場は変動をしています。ですのでそれが月曜日に反映されているだけの話です。

そして一時期FXの業界では、日曜日でも売買できる体制を構築しようとは考えていたようです。実際ある金融会社では、平日だけでなく日曜日でも売買できる状況になっていたのです。 それでしばらくその会社は日曜日でも売買できていたのですが、ある時から廃止になりました。と言うのも日曜日に売買をする方々が、思ったよりも少なかったからです。日曜日は、マーケット参加者は少なかった訳ですね。

つまり日曜日は実際には動いているのですが、実際にはその日の売買は、あまり好評ではなかった訳ですね。やはり金融関連の商品は、日曜日ではなく平日に売買をするのが基本になるでしょう。恐らくそのスタンスは、今後も変化する事は無いと思うれます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ