金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

テクニカル分析を重視してトレードを行うこと

FXトレードを行うときには根拠を持ってポジションを持つことが大事なこととなります。そのためには分析が必要となります。FXにおける相場の分析の方法としてはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が挙げられます。ファンダメンタルズ分析とは相場を動かす要因のひとつとなる各国の経済指標や要人の発言を予測して、ポジションを持つものです。あるいは経済指標の結果を受けてポジションを持つものです。

一方でテクニカル分析はチャートに各自で線を引いてみる、あるいは分析のためのツールを利用して、相場の動きを予測して、ポジションを持つものです。一般的に知られているものとしてボリンジャーバンドなどが挙げられます。個人でトレードをするときにはテクニカル分析を重視してトレードをする方が良いと言えます。なぜならば相場を動かす要因の経済指標はとても多く、どの経済指標のどのような結果が相場をどちらに動かすかまで予測することは極めて難しいことであるからです。

また、毎回上昇となるような結果が出る経済指標であって、同じ数値が発表されたとしても、突然下落することもあります。市場には常に買いとなるような要素と、売りとなるような要素が入り交じっています。その中で、たまたま経済指標の結果が注目されていると言うことです。そして、世界が注目するような大きな経済指標の発表のときには時に相場は大きく動きます。

それをチャンスと捉えないことが大事です。むしろ、リスクが高まると考えてポジションを新たに持たない、あるいは既に保有しているポジションは決済するということも大事です。市場の予測通り動くか、あるいは全く異なる動きとなるかは分からないからです。投資は利益を狙う前に資産を守ることができることが重要です。経済指標の発表を経て、新たにポジションを持っても遅くはないです。このように個人投資家にとってファンダメンタルズ分析は難しいものであり、テクニカル分析を中心とする方が良いと言えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ