金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

トレンド相場におけるトレードの考え方について

トレンド相場はひとつの方向に向いて動く局面です。上昇トレンドであれば価格は上がり続け、下降トレンドであれば価格は下がっていきます。つまり、トレンドにうまく乗ることができれば大きな利益を狙うことが可能となります。トレンド相場のみでトレードをしても十分に利益を残すことが可能となります。

しかしながら、トレンド相場は利益を残せる相場であるからといって、レバレッジをいつものトレードよりも上げるようなことは避ける方が良いと言えます。トレンド相場と言っても上下を繰り返しながら動いていきます。そのため、例えば証拠金ギリギリでポジションを持つと、少しだけ逆方向に動いたとしてもロスカットとなることがあります。また、トレンド相場であり、利益を残せると考えすぎてしまうと、そのポジションにこだわりを持ってしまいます。

つまり、予測とは反対方向に動き、本来であればロスカットをする必要がある場合でも、トレンド相場であることにこだわってしまい、ロスカットを出来ずに損失を大きくしてしまいます。トレンド相場と判断できる局面であるからこそ、より慎重になることがひとつのポイントと言えます。また、チャートを見たときに既にトレンドが発生していた場合は、無理にそのときに売り買いしないで、トレンド相場の調整局面を待つことがひとつの戦略となります。

トレンド相場では売り買いが過熱すると、それを戻そうとする動き、すなわち調整が起こります。そして、調整を経て、再度トレンド相場となる、あるいはレンジ相場となっていきます。トレンド相場が発生しているからと慌ててポジションを持つことは価格面において不利なことがあります。

そのため、調整局面が始まるのを待って、その終わりのときにポジションを持つと!有利な条件でポジションを持つことができますし、仮にトレンドが終わったとしても、利益を残せます。このようにトレンド相場においては欲張らずに普段通り淡々とトレードをすることが大事で、既にトレンドが発生しているときには調整局面を待つことです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ