金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

海外FX業者を利用する人は何に魅力を感じているのか

日本に居ながらもあえて海外FX業者で取引をしている方が少数ながらいます。 どのような点に魅力があって海外業者を選ぶのでしょうか。 これを知るには、まず日本の業者と海外業者との比較をしなければならないでしょう。 国内FX業者は数多くありますが、日本の金融庁の監督下にあり、当然ながら日本の法に縛られることになります。逆を言えば日本によって守られているとも言えます。

国内FX業者はレバレッジを25倍までにすることと制限されていますが、これこそが海外業者と日本の業者を分ける最大の特徴です。 海外業者は当然ながら日本の法と関係なくレバレッジを定めているので、500倍や1000倍という高レバレッジで取引出来る業者が存在します。 これらの業者を日本国内で利用することについては特に制限される法がないため、「利用することに規制はないが、トラブルが起きても日本の保障は受けられない」という状況にあります。 自己責任の元で利用することが大前提になっているのです。

つまり自己責任の取引であることを受け入れてでも高レバレッジで取引をする魅力がどこかにあるということなのです。 日本の業者で、ドル円約5万円分のポジションを持ったとすると、10銭の値動きで1000円の利益(損失)が出ます。 レバレッジ250倍の海外業者で同じドル円で同じ5万円分のポジションを持ったとします。レバレッジが10倍高いので、当然10銭の値動きでの利益(損失)も10倍の10000円となります。

僅か5万円の資金でドル円が10銭動いただけで10000円の利益(損失)が出るというのは、日本の業者で取引していては想像も付かない数字です。 単なる外貨預金と比べた時のFXのメリットは何かというと、レバレッジが効いて少ない資金で多くの利益を得るチャンスがあるということです。 つまり海外業者での取引はこのFXのメリットを更に何十倍にも拡大させたものだということが出来ます。

少ない資金で多くの利益を出すことが出来るFXのメリットを最大限に発揮しているのが海外業者だということは、あえて取引しているのは日本の業者を利用している人より少ない資金で取引している人が主だということになります。 資金が5万円しかないとして、日本の業者でドル円の取引をしても10銭の変動を掴んでも1000円。1円の変動を掴んだとしても10000円。これではなかなか利益らしい利益を出すことが難しいのです。

その時にレバレッジ250倍の取引はどう目に映るでしょうか。10銭の変動を掴めれば10000円。1円の変動ならば10万円。という利益を5万円の資金で得ることが出来るのは大きな魅力ではないでしょうか。 もちろん損も同じく大きくなるのが高レバレッジ取引ですので、かけられる資金と相談して、海外FX業者での取引を考えてみるのも良い選択肢ではないでしょうか。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ