金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXの仕組みとショートでも入る事ができる特徴

FXという商品には、必ず利益が発生する可能性があります。そして、仕組みはとてもシンプルです。基本的には安いタイミングで買って、高いところで売却をする事になります。 もっとも分かりやすいイメージとしては、ドル紙幣ではないでしょうか。ある時に両替をして、1ドル分の紙幣を手に入れたとします。そして、その紙幣の価値は常に変動している訳です。

一定の価値になっている訳ではありません。 例えばある時に米ドルの紙幣が1ドルにつき100円だったとしましょう。それが数ヶ月後に、110円になるケースもたまにある訳です。 その110円になったタイミングで売却をすれば、差し引き分の利益が生じる事になります。つまり上記の事例では、10円分の利益が発生する仕組みになる訳です。 FXという商品の仕組みも、基本的には上記のような売却をする事になります。

基本原理としては、安いタイミングで購入をして、高い所で売却をする訳です。 ところでこのFXという商品は、逆の仕組みもあるのです。上記の事例では、いわゆる買い玉を保有している事になります。売り玉ではありません。いわゆるロングのポジションと呼ばれることが多いですね。

FXという商品では、売り玉を保有する事も可能です。仕組みは少々難しいのですが、いわゆる予約注文というシステムがあって、売りから入る事もできる訳です。その場合は、外貨のレートが下落した時に、利益が発生する事になります。 上記の事例で申し上げれば、1ドルが99円になった時には、本来ならば損失が発生する事になるでしょう。差し引き1円分の損という事になります。

しかし売りから入っている場合は話は別で、その分の利益が発生する事になります。この売りから入るという概念が、FXを少々難しくしている点の1つです。 この金融商品では、売りから入る上でのテクニックなどは、必ず勉強すべきでしょう。私も何回か売買をしていますが、売りの局面で利益が発生している事は多いからです。「売りから入る事が可能」なのは、FXの大きな特徴の1つとも言えるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ