金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

壁を意識して逆張りでの売買を行うよう心がける

FXでは、とにかく壁が意識される事が多いです。いわゆる上値抵抗線などのラインになります。それを意識しているだけでも、グラフの見方などがだいぶ変わってくる傾向があります。 例えばこの金融商品では、100円というラインなどは意識される事が多々あるのです。ある時の外貨のレートが、98円になっているとします。それで上昇ムードになっている時には、100円の壁を越えそうになるケースも見られる訳です。

そして上記のような壁に近づいている時には、少々注意を要する一面があります。上昇している時にキリが良い数字に近づいている訳ですから、それだけ下落が発生する確率も高まる傾向があるのです。ですので99円台になって、100円の壁の寸前である99.8などに近づいた時には、いわゆる売りの建玉を保有してみるのも一法なのですね。 その逆も同様です。

101円台になっている局面で、100.05円などになった時には、やはり壁によって下落が阻まれる可能性が高まっています。それでリバウンドの上昇が発生する確率も、上昇する事が多い訳です。 ですので100円の壁などを意識する事により、グラフの見方も大きく変わってきます。そのような壁は、FXではかなり重要度が高いと考えて良いでしょう。 なお壁に近づいた時には、基本的には逆張りスタイルにするのが望ましいです。

というのも上記のような99.8円などのタイミングで買いの注文をしてしまいますと、いわゆる高値掴みになってしまうパターンが非常に多く見られます。非常に高いタイミングで外貨を買わされることになってしまいますので、利益率が低くなる可能性がある訳です。すなわち、順張りはややリスクが高くなります。

それよりも、むしろ壁に近づいて局面で、素直に跳ね返されると考えた方が良いでしょう。それでしっかりと壁を抜けた時には、改めて損切りをするスタイルで問題無いと思います。基本的には壁を基準に売買をすべきで、逆張りを意識してみると良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ