金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

不安要素により手数料が大きく変わることがあるFX

経済に関するニュースなどは、FXに対して様々な影響を及ぼす傾向があります。ここ最近では、正常不安などに関するニュースが、影響を及ぼしている事が多いです。 例えば最近になって、中東地域にてちょっと不安定な状況になっていますね。その地域に関するニュースに、アンテナを張っている方々も世間では非常に多いです。

そしてその地域に関する不安定さなどは、やはり外貨などにも大きな影響を及ぼします。とりわけ手数料に関するポイントなどは、やはり軽視できない一面があるのです。 例えばある時までのFXの手数料が、1回の取引あたりに10円になっているとしましょう。

ちなみにその手数料は、特に何も大きな出来事が発生していない時のものです。 ところがその手数料は、前述のような不安要素などによって、変動する事が多々あります。そのような不安な情勢に関するニュースにより、13円や15円などと跳ね上がる事もあるのです。

状況によっては、30円や50円などと、かなり大きく跳ね上がる事もあります。 それは何も中東地域の情勢だけではありません。いわゆる経済業界に大きく関わるニュース全般は、手数料にも関わってくる訳です。他の国の情勢があまりよくない時や、株価が下落している時などは、手数料が上昇する事もあります。逆に下落をする事もあるので、少なくとも経済ニュースはFXに大きく関わることだけは確実でしょう。

そして上記のような状況になる事が多い訳ですから、状況があまり安定していない時には、基本的には売買をしない方が良いと思われます。状況が不安定な時には価格は読みづらい一面がありますし、そもそも手数料が高めになってしまうのは、あまり嬉しくありません。

それよりも状況がやや安定している局面の方が、手数料なども節約できる事が多いと考えられる訳です。 基本的にFXは、不安要素がある時には売買をしない方が良いですね。あくまでも安定感がある時に売買をするのが無難だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ