金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

学資保険よりも大きな利益率が見込めるメリット

ここ最近では、保険商品がクローズアップされている雰囲気があります。今まであまり宣伝されていなかった保険商品ですが、最近では色々と状況が変化してきていて、むしろその商品を利用するのが望ましいとの雰囲気も高まっている訳です。 保険商品は、確かに1つの選択肢にはなり得ます。なぜならその商品の場合は、戻り率という数値が比較的高めになっているからです。

そもそも普通預金の口座などを利用している時には、利率はかなり低めな状況になります。現在の普通預金の場合は、利率が1%未満になっている事も、決して珍しくないのですね。それではあまり資金を増やせない事も多い訳です。 ところが保険商品などの場合は、その利率が少々高めになっている事もあります。学資保険などの商品の場合は、1%程度になっているケースも多い訳ですね。

ですので学資保険を検討している方も、世間では非常に多く見られます。 ですが私ならば、学資保険というよりはむしろFXを活用すると思います。なぜならその商品の方が、もっと利率が高めになると考えられるからです。 確かに学資保険の利率も、正直悪くない数字だとは思います。1%というのは、とても手堅い数字だとは思いますね。 ところがFXの場合は、やり方次第ではもう少し大きく稼げる可能性を秘めているのです。本当に勉強次第ですが、年間で100%もの利益が生じるケースも、決して珍しくありません。

それを考えれば学業の為の資金を確保するとなると、むしろFXの方が望ましい一面があるでしょう。 ただしFXの場合は、保険と違って大きなリスクがある点も忘れてはなりません。状況によっては学業資金が全て吹き飛んでしまう可能性もあるので、くれぐれも勉強は重ねるべきだと思います。

リスクだけは本当に要注意ですね。 逆にその勉強さえ心がけていれば、大いに稼げる商品だとは考えている次第です。個人的には学資保険よりは、FXの方がメリットが大きな商品だと思っています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ