金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

相場の状況に応じて色々なツールを使い分ける

FXでは、たまにあまり動かない状況が生じます。特に午後の時間帯などは、そのような傾向がよく見られるのです。 この金融商品での動きを見ますと、まず午前中に大きな動向が発生する事が多いですね。それで昼休みの時間帯などには、少し動きが落ち着き始めます。それで15時以降などには、また大きな動きが生じる傾向がある訳です。

そしてデイトレなどで売買を行っている方々は、上記の昼休みの時間帯が、少々苦手だと思っている事が多いです。なぜならトレンドが発生していない状況なので、どちらの方向での売買を行えば良いか難しいと考えているからです。 ところでそのデイトレでの売買では、RSIなどに着目してみると良いでしょう。実はそのツールは、上記のようなトレンドが発生していない状況では、活躍をしてくれるケースが大変多いからです。

一般的にRSIは、30や70などの数字に着目する事が多いですね。それで30に到達した時には、いわゆる買い玉を保有するのが望ましい事が多いです。なぜなら売られ過ぎの状況になってきているので、リバウンドの上昇などが発生する傾向があるからです。70に達した時は、もちろん売り玉を保有するのが望ましいことになります。 ところでそのRSIというツールは、トレンドが発生している局面には、少々弱い一面があるのです。

確かにトレンドが発生している時でも、効果を発揮してくれる事はたまにあります。ですがどちらかと言えば、上記の昼休みの時間帯のように、あまりトレンドが見られない局面に強いことが多い訳です。ですので動きが発生していない場合は、やはりRSIなどに着目してみると良いでしょう。

逆にトレンドが発生している局面では、あまりそのツールは効果を発揮しないとの意見も見られます。トレンドが生じている時には、むしろボリンジャーバンドの方が高く評価される事も多いですね。 このようにFXでは、状況に応じて様々なツールを使い分ける事も必要だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ