金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

利大損小のスタンスで取引を行うのが大切なFX

投資の業界には、利大損小という言葉があります。まず「利」なのですが、いわゆる「利益」の頭一文字になります。そして損は、もちろん損失を指すわけです。 この四字熟語の意味としては、利益はできるだけ伸ばすべきで、損失はできるだけ少なくすべきという考え方になります。損切りはなるべく早めに行うべきで、利益が発生している時は、できるだけ伸ばす方が良いとの考えです。

例えばある時に、上昇のトレンドが発生しているとしましょう。その場合は、もちろん買い玉を保有する方が望ましい訳ですね。 そして人によっては、そのトレンドが発生している局面で、売り玉を保有してしまっている事もあります。その場合は、できるだけ損切りを早めに行う方が良いのです。ズルズルと長く持っているよりは、できるだけ早めに損切りを敢行する方が損を抑えられる傾向があります。

逆に買い玉を保有している時は、できるだけ長い間それを持つのが望ましい訳ですね。 このように利益は伸ばして、損失は抑えるのが基本スタンスになるのですが、果たしてそれは本当かと疑問の気持ちを持つ方もたまに見られます。しかしそれは、実はバックテストと呼ばれる方式によって、証明されているのですね。 そもそもFXには、いわゆる自動的な売買をする事が可能です。

それにはバックテストという機能が備わっていて、過去の動きを用いての検証などを行う事ができます。 そして何かのやり方を試す時には、そのバックテストが用いられるケースがよくあるのです。何らかの売買ルールがある時には、過去の動きを用いて検証をして、利益率を判断するケースがほとんどです。

そして前述の利大損小と言う考え方は、そのテストによって証明されているのですね。過去の多くのデータを基に分析されている訳ですが、利益をできる限り伸ばす方が、売買ルールの成績も良くなっている傾向があります。 FXには、トレール注文などの非常に便利な方法もあります。それらを駆使して、利益は極力伸ばす方が良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ