金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

直感的に損切りすべきだと感じたら直ちに実行すべき

FXという商品では、直感を信じた方が良い一面があります。とりわけ損切りに関する直感などは、自分でも信頼した方が良いでしょう。 この金融商品で売買をしていると、たまに大きな含み損が発生します。それで人によっては、いわゆる損切りを検討する事になる訳ですね。潔く損切りをする方が、ダメージを低く抑えられるとの考えがあるからです。

例えばある時に、外貨のレートが131円だったとしましょう。それで今後は価格が上昇していくと考えたので、そのタイミングにて買い玉を保有したとします。この金融商品で売買をしていると、比較的よく見られるパターンの1つですね。 ところがこの金融商品は、甘いものではありません。自分の予想通りに132円などに上昇してくれれば良いですが、もちろんその逆もあり得るわけです。

時には130円台などに下落をしてしまう事もあります。 問題は、その130円台での含み損が発生しているタイミングですね。130円台になってしまっていると、やはり心理的な不安を抱えてしまう傾向があります。 130円台のタイミングで非常に大きな含み損が発生していると、その時に「損切りをする方が良いかな」と悩むようになる訳です。そして、このような悩みはたいてい的中します。

損切りをする方が良いと直感的に思う訳ですが、たいていはそれで正解なのですね。そのタイミングで損切りをしないと、かなりの高確率で含み損が発生する傾向があります。 多くの方はその130円のタイミングで、「もしかすると戻る可能性をあるので、損切りをしない方が良い」等と自分の都合の良いように解釈をしてしまいます。

しかしそれはたいてい不正解なのですね。前述のような損切りの直感の方が、たいてい的中する事になります。 ちなみに上記の130円の損切りの直感は、特に根拠はありません。本当に感覚的なもので、損切りすべきとのシグナルが頭に浮かぶ訳ですね。大抵そのような直感は的中するので、自分を信じて損切りする方がいいでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ