金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

数年前のスワップのやり方が見直されつつある

ここ最近では、スワップポイントも売買なども見直されつつあるようです。少なくとも数年前に比べると、だいぶFXの状況も変わってきていると思うのですね。 実はスワップポイントによる売買は、一時期はかなりブームになっていました。今から8年くらい前などは、その金利目的の売買を行う方は、本当に多かったですね。当時のFXの業界では、銀行の金利と比較されている事が大変多かったです。

当時はあまり銀行の金利も高くなかったので、それよりは金利が高めな外貨の方が望ましいと、多くの金融会社がアピールをしていました。 ところがある時に、大きな金融ショックが発生してしまったのですね。それで多くの建玉を保有している方々は、かなりの含み損になってしまいました。最終的には自分の資産が激減してしまった事により、頭を抱えている方々も多かったようです。

それから数年後には、どちらかと言えば短期的な売買が行われるようになったのですね。さすがに上記の金融ショックによって、ちょっと大きなダメージを受けてしまったので、反省した方も多かったのでしょう。いわゆるデイトレやスキャルピングなどで売買を行う方も増えたので、今度は金融会社としてはスキャルピングで売買をする方に対して、規制を行うようになりました。

それからさらに月日が経過して、現在に至っている訳ですが、今度はスキャルピングなどでは無くまた長期的な売買に関心を抱く方が増えてきています。つまり前述のスワップを目的とした売買を行う方が、増加傾向にあるのですね。 ただ数年前のショックの事を考えますと、やはりスワップで売買をする時には、とにかくレバレッジを低くするのが大切だと思います。

どれだけレバレッジが高くても、せいぜい1倍にとどめるべきでしょう。2倍以上にすると危険度が大きく上昇しますので、要注意です。 逆にそれさえ徹底しておけば、確かにスワップでの売買も悪くないとは思います。現時点では、数年前の大きなショックの情報もあります。それ位の大きな動きが生じることを想定した上で、スワップでの売買を検討すると良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ