金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

初心者がFX業者を選ぶ秘訣は4つに絞られる

ネットトレーダーの爆発的な増加でFX業者もかなり増え、そのサービス合戦も旺盛な今、どの業者を選ぶべきでしょうか。 初心者が業者選びで重視すべきポイントは4つに絞られます。 スプレッドの狭さ。 スプレッドとは買いと売りの値段差のことを意味します。 買うときは1ドル=100円でもそれを値が動く前にすぐ売ったら、100円未満でしか売れずに損をします。

この値段差が業者の手数料なのです。 取引をする度にこの手数料は発生し、何度も取引の失敗をしてこれから上手くなろうとしているのが初心者なのですから、スプレッドは狭い方が損は減るのです。 ツールの使いやすさ。 これはチャートの見やすさ・売買のしやすさ・保有ポジションの見やすさ・証拠金維持率の見やすさ・含み益(含み損)の見やすさ、など取引画面の扱いやすさのことです。

人間である以上、上級者でも必ず取引でミスをします。それが初心者であればなおさらでしょう。それを少しでも無くすためにツールの使いやすさは必須条件です。 ただし、使いやすいと感じるかどうかには個人差があるので、デモ口座などで実際に使って見て判断するのがよいでしょう。 少額でも取引可能。 一昔前はドル円で最低5万円は無いと取引出来なかったFXも、小さな単位から取引出来るところが増えてきています。

5000円や500円などから取引可能な業者もたくさんあります。 少額でも高額でも取引の上手・下手には変わりはありません。いきなり大金を稼ごうとするのは初心者が考えるべきことではないので、少額取引が出来る業者はまさに初心者のためにあると言ってもいいくらいでしょう。 配信情報の充実さ。 何も情報無しで取引するトレーダーはいません。 かといて毎日新聞・ネットを隅から隅まで読んでいられる時間も無いでしょう。

そのため、業者は顧客に対して、為替の変動に影響しそうな情報をメール配信していたり、取引画面に随時表示したりというサービスを行っているのです。 上級者はこの情報をの根拠にして取引しますが、初心者は「情報でこう載っていたからこういう値動きをしたんだ」という風に、ある情報が相場にどう影響するのかを勉強するとこから始めるべきだからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ