金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

短期トレードと長期トレードで特徴を比較して口座を開設すること

FXトレードにおいて大事なことは、短期のトレードを行うのか、長期のトレードを行うのかを明確にしてポジションを持つことです。相場は波動であり、見るチャートによって動き方は異なります。そのため、短期トレードを行うのか、長期トレードを行うのかを明確にしないとどのチャートを見れば良いのかが分からなくなります。また、短期トレードと長期トレードではトレードの方法が異なります。

例えば短期トレードであれば主に為替差益を狙うこととなります。そのためにはFXの会社における約定力が重要となります。特に短期トレードのなかでも、1分足チャートを使うスキャルピングなどにおいては秒単位でのトレードが必要となるので、注文を発注して、正確に約定してくれるFX会社において口座開設することが大事なことと言えます。一方で長期的なトレードにおいては為替差益の他に、二ヶ国間の金利差であるスワップポイントのことについても考えなければならせん。

例えば日本円と外国の通貨ペアの場合、ほとんどの場合、買いでポジションを持つことによってスワップポイントを受け取ることができます。逆に売りでポジションを持つと、ポジションを保有している期間、ずっとスワップポイントを支払うこととなります。スワップポイントは一日単位で決まるので短期トレードではさほど気にする必要はありませんが、長期トレードにおいては重要となります。

特に高金利通貨でトレードをするときには日本円との通貨ペアであればできるだけ買いでポジションを持つことが求められます。このように短期トレードと長期トレードではその性質が異なるので、どちらでトレードをするのかしっかりと決める必要があります。そして、短期トレードと長期トレードの両方を行うのであれば、同じ口座でトレードをするのではなく、それぞれに最適なFX会社で口座を開設してトレードすることが良いと言えます。そうすることでポジションかんりや資金管理も容易に行うことができると言えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ