金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXで初心者に最もお勧めのポジション保有期間は? 

一口にFXの取引法と言っても様々な分類があります。 そのうち最も一般的なのがポジション(売り・買いした通貨)の保有期間で区別する方法です。 ① 数週間~数ヶ月単位で保有する<中長期トレード> 資金に余裕がある方や上級者がよく用いる取引法で、長い期間のトレンドを予測してポジションを取って(=売り・買いをして)、それを決済せずに含み益(場合によっては含み損)のまま保有し、大きな利益が出るところで初めて決済する方法です。

大きな利益を狙うことと引き換えに、長い期間の分析が正確でなければ大損の可能性もあるので、非常に上級者向けと言えます。 また、値動きの急な変動があった際でも、ロスカット(含み損が預入金に対して一定額以上になってポジションが強制決済されること)を逃れてポジションが無事であることが必要なため、数円(数百pips)の変化にも動じない多額の資金がある方でないと現実的ではない方法でもあります。

② 数日~1週間単位で保有する<スイングトレード> 主に週足・日足の分析を元に数日先までの値動きを予測してポジションを持ち、数日後に利益が大きく出るところで決済する方法です。 相場の動きに慣れてきた方であれば、日をまたいでポジションを保有して、スイングトレードでより大きな利益を狙うこともあるでしょう。 特に1回の取引で大きなスプレッド(手数料)を取られていたひと昔前では、日に何回も取引することが損に繋がりやすかったために、主流とも呼べる方法でした。

③ 1日の内のみ保有する<デイトレード> スプレッドが各証券会社ともかなり狭まって来たことで、現在の主流になっている方法です。 現在では各社のスプレッドがかなり狭いために、取引回数を増やしてもそれほど大きな損にはならず、むしろ頻繁に売り買いする「回転数」を増やして利益を積み重ねようという方法が可能になったために、一気に主流となりました。 1日の内で何度も取引を重ねるので、<デイ>トレードと呼ばれています。

④ 数秒~数分のみ保有する<スキャルピングトレード> インターネットの高速化によって、ポジション取り(注文)と決済の速度が格段に上がったため、デイトレードを更に頻繁にしたものがこの方法です。 少ない利益でも決済してしまい、またすぐにポジションを持つ、という方法を1日に何十回・何百回と繰り返し行うことによって結果としてのまとまった利益を目指すものです。

もちろん日をまたいでポジションを持つことはないのでデイトレードの一種と呼ぶこともできます。 このようにポジションの保有期間によって様々な取引方法があり、それを組み合わせて使うなども上級者はしていますが、初心者の方はまずデイトレードに専念することをお勧めします。 1日の値動きには相場の基本が詰まっており、最も多くを学べるのがデイトレードだからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ