金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

初心者がFXをする際にドル円をお勧めするはっきりとした理由

FX取引は数ある通貨ペアの中から選んで取引をすることになりますが、初心者にお勧めなのはドル円です。 FX取引以外でも最も馴染みのある通貨ペアであるために、親しみがあるからと始める方も多いかと思いますが、ここでは初心者にお勧めするはっきりとした理由を述べていきたいと思います。 基本的に「円」絡みの通貨ペアがお勧め出来ます。円を基準にされていない場合、例えばユーロドルが「1.2」などと表記されていても初心者にはかなり分かりにくいものです。

その中でもドル円は通常、他の通貨ペアに比べてスプレッド(売りと買いとの価格差・業者の手数料)が一番狭いというのが第一の理由です。 取引コストが一番安いわけですから、失敗を繰り返す可能性が高い初心者にはお勧めなのです。 次に意外と知られていないことですが、インターバンク市場で円が直接取引されているのは「ドルと円」「ユーロと円」「中国人民元と円」の3つだけなのです。

では、「1豪ドル=90円」などはどのようにして存在するのかというと、計算式によって合成された結果として存在するだけなのです。 「豪ドル×ドル」の値と「ドル×円」の関係を掛けあわせることによって表示されているいわば架空の通貨ペアなのです。 このような合成通貨ペアは、2種類の通貨ペアの影響を受けることになり、値動きが複雑・不規則になりやすいので初心者にはお勧め出来ないのです。

「ユーロ円」は合成通貨ペアではないのですが、ユーロが多くの国を抱えているために、そのうち1カ国でも政情不安・金融危機に陥った場合などに、すぐに影響を受けてしまうので不安定さを拭えません。 「中国人民元円」も確かに合成通貨ペアではないですが、取引規模があまりに小さく、少しの資金の出入りで値動きが複雑・不規則になってしまうため、お勧め出来ません。

このようにして初心者が必然的にドル円を扱う有利性はあるのですが、さらにもう1点、有利な点があります。 それは情報量です。 日本のFX業者では圧倒的にドル円を扱う人が多いので、情報配信量もドル円が圧倒的です。また、新聞・テレビなどでも一番多く報道されるのはアメリカの情報であり、ドル円の情報なのです。 このような理由で、初心者の方にはドル円の取引をまずお勧めします。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ