金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

3大為替市場が生み出す2つのポイントに注意してドル円取引を

FXは平日であれば24時間取引が出来るのが特徴であるため、働いている忙しい方などにも人気があります。 しかし、時間帯によって値動きが全く異なるのをご存知でしょうか。 為替市場は東京市場・ロンドン市場・NY市場という3大市場を中心にして動いています。 アメリカ・ロンドンが両方とも冬時間である場合、9時-17時が東京市場・18時-26時がロンドン市場・23時-7時がNY市場の開いている時間になります。

そのため7時-9時の時間などはどの大きな市場も開いていないため、取引高が少なく突発的で法則性のない荒れた値動きになることが多いので、この時間を狙ってあえて取引するトレーダーはあまりいません。 そこで多くのトレーダーはどこか3大市場が開いている時間に取引するのが一般的です。 ここで、ドル円取引をする際に2つの取引ポイントがあります。 3大市場にはそれぞれ値動きに特徴があるというのが一つ目です。

東京市場はまずあまり活発な値動きをしない上に、ドル買い方向なのかドル売り方向なのかの方向がはっきりせず、また切り替わりやすいという特徴を持っています。 そのため値動きに掴みどころがない東京時間での取引を嫌うトレーダーは多くいます。 ロンドン市場は、東京市場が最終的に動かした方向の逆に動くことが多く、その値動きも激しいことが多いのが特徴です。

NY市場はロンドンの作り出した方向に準じて動くことが多く、値動きの激しさはロンドンと同じか少しおとなしい程度です。 これらの特徴を知っておくだけでも、どの時間帯にどのように取引すべきかが絞れてくるために、かなりの役に立つのです。 2つ目のポイントは、これらの時間の変わり目を絶対に忘れて取引してはいけないということです。

例えばロンドン時間から取引を始めて、漫然と時間を過ごしているうちに23時になったとします。そこからNY市場の特徴が急に現れるかも知れないのにも関わらず、ロンドン市場の特徴だけに合わせて取引していては大きな失敗をしかねません。 この2点は基本的なポイントであり、FX取引をする上で必ず頭に入れておかなければならないことなので、みなさんご注意下さい。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ