金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

高値圏でクラゲを目撃したら売りを仕掛ける

FXでは、ローソクを見て売買をするケースが大変多いです。いわゆるローソク足と呼ばれることが多いですが、あれは確かに分かりやすいツールの1つだと思います。 ところでその足の動きを見てみますと、一定の法則が見えてくるケースが大変多いのですね。特にクラゲのような形をしているローソクが出現した時には、ある意味でチャンスだと考えられるのです。 クラゲのような形とは、まずローソクの実態部分が正方形になっているような状況ですね。

つまり、あまり大きな動きが発生していない状況です。 ただしそのローソクのヒゲの部分は、かなり下に長く伸びている事もあります。つまり実態部分は非常に短く、ローソクのヒゲの部分が下に長く伸びているパターンですね。その形がクラゲに非常によく似ているので、そのように呼ばれる事も多々ある訳です。 そしてそのタイプのヒゲが出現している時には、やはり下落などには気をつけた方が良いでしょう。

と言うのもクラゲが出現した場合は、かなりの高確率で下落になる傾向があります。 特にその傾向が顕著なのは、高値圏ですね。FXで相場の動きを見てみますと、たまに順調に上昇トレンドが継続している局面を見かける事があります。しかしある時に、その上昇トレンドがやや落ち着いてくる事があるのです。いわゆる高値圏に突入したパターンですね。

そして高値に突入したタイミングにて、上記のようなクラゲが出現するケースも見られるのですが、そこでは大きな下落が生じる事が非常に多い訳です。ですのでクラゲを見かけた時には、そのタイミングで売り玉を保有してみるのも悪くない選択肢の1つと言えるでしょう。

ちなみにクラゲが出現した事によって、なぜ下落になる事が多いのかは、現在でも明らかになっていません。ただ統計データでは、その下落が発生する確率は比較的高めではあります。 ですのでこの金融商品で稼ぎたいと思うならば、クラゲを見落とさないようにするのは大切だと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ