金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXの基本は、売りと買いから始まるというのは本当でしょうか

FXは、上げ幅か下げ幅かでの差分で、利益を確定して行きます。これが、基本に有ります買い、売り、になります。買いは買い注文で売りは売り注文の保有残高から、保証金額分、投資ができます。ここで、注意をしなければならないのは、先ずどの通貨に投資するのかを決めなければなりません。通貨も国ごとに定められています紙幣なので安心して売買はできます。この組み合わせで、それぞれ違った相場で世界中で取引が行われる事になります。

このペアで通貨の変化を予測し下がるので有れば売り注文、上がるので有れば買い注文を出す事になります。これで、どのタイミングで決済注文を出すかにより、差分で利益が出たり損切になったりする分けです。損切は名の如く、損失になります。利益はもちろん黒字になります。この様な結果で取引が行われています。一般的には、グラフを見たり市場の情報講義とかを見ることによって、今後の動向を見極めていく事になります。

勿論、ニュースも有ります。その市場環境で為替への影響度を考えて行きます。但し、注文を出すときには、手数料が基本的には掛かってきます。この手数料は、運営会社によって違いますので、キャンペーンで、有る通貨のみ手数料が無料になったり、減額になったりします。又、通貨のペアの保証金がそれぞれ違います。売り注文、買い注文の時には、必ずこの通貨ペア別に保証金額を確認しながら、単位で注文を出して行きます。

次にポジションと言う名称が有ります。これは、現在注文を出されている通貨ペアで、まだ決済注文を出していない、注文を言います。又、決済にも色々有りまして一括決済、通常の決済、ワンクリック決済と有ります。若干、運営会社で多少違いが有るかも知れませんが、あまり変わらない物だと思います。後は、ブラウザー版、アプリ版と有ります。

アプリ版の方が、画面の遷移が速く、リアルタイムに現在の差分が表示されます。ブラウザー版は、その都度通信で、更新して行きますので、マニュアル的な要素が有ります。その点を注意したほうが良いでしょう。買い売り注文時は、どちらが有利なのかを考え使用するべきだと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ