金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXを取引する上での心理を1つ1つ考えてみる。

こんにちは、私は30代のサラリーマンです。私は現在FXで取引であんまり効率よく勝てていないので、いろいろと悩んでいます。 よって、今日は取引する上での心理について1つ1つ出して、勝つ方法を考えてみようと思います。 まずはかなり強気の場面です。投資家がかなり強気になる時はどういった状態にあるときなのでしょうか?

かなり強気になるには材料が出てから、これからも通貨の値段が高くなる、または安くなるとがわかっているときだと思います。 つまり私はこういった時に、ポジションを離さずしっかりと持っていればよいのです。 次は少し強気の場面です。この時は投資家が思っている方向にいくのか、少しだけ迷っている状態です。 この時にはチャートはうねりながら一定方向へ動くので、少し含み益が乗ったら利益確定を繰り返せばよいと思います。

次は強気でもない弱気でもない状態の場面です。この時は為替レートがどちらに動くのかあまりわからないのでスキャルピングで良いと思います。 次は少し弱気の場面です。この時、投資家は為替レートがどちらに動くのかほとんどわからないので、大口もなかなか動いてこないと思われます。 よって、この状態の時は取引しないで、チャートを眺めているだけでよいと思います。 最後はかなり弱気の場面です。

この時は世界恐慌などの場面ですから、絶対に取引したくないと思います。 でも、こうゆう時が一番特な時もあるようです。それは金利の高い通貨を買うことです。もし、どん底で買うことができれば、一生売らずにスワップポイントを貰い続けてもよいと思います。

しかし、金利高い通貨をどん底で買うときには条件があります。それはレバレッジをかけないことです。 もし、レバレッジをたくさんかけて買い、その後暴落したら破産してしまいます。よって、レバレッジを全くかけないで買うのが理想です。 これで以上になります。こうして1つ1つ書いてみたら、勝つ方法が見えてきました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ