金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

私たちの身近なニュースがFXに影響するか考える

こんにちは、わたしは30代のFX初心者トレーダーです。今日は身近なニュースがFXに影響を与えるのかを調査したいと思います。 まず、メディアはFXの情報源であることは間違いないので、手軽にアクセスできるテレビをつけて考えてみようと思います。 まずは気象情報の台風です。台風は梅雨明けぐらいから秋ぐらいまで日本に来ますが、これが果たしてFXに影響するのか考えてみます。

大抵の人はあまり影響しないと思うと答えるでしょう。私も聞かれたら、そんなに影響ないと答えると思います。 しかし、絶対に影響しないとは限りません。もし、台風がアメリカのハリケーン並みに強かったらインターネット回線が切れ混乱するなどの影響があります。 また都心部などの被害状況によりも、経済に影響を与える場合は為替レートが動く可能性があります。なので、絶対とは言い切れないでしょう。

次に最近の火山活動です。日本では御嶽山が噴火活動により、人的被害がでました。2015年現在は九州の鹿児島の火山活動も活発になり人民が避難しています。 もし、日本の火山があちこちで噴火を始め、富士山が噴火したら、少し異常だと感じる投資家もでてくるかもしれません。 よって、火山活動もFXに影響を与えかねないものだと思わなければなりません。 2つほど気象関係のニュースを取り上げてみましたが、次は経済のニュースです。

まずは中国株の連続暴落です。中国は経済大国になりましたが、実体が伴っていない部分もあります。 よって、中国株が連続で暴落したりすると、中国バブルがはじけたのかと思う投資家が増えて、為替レートが動きました。 これは実際に最近あったことなので、しっかり覚えておこうと思います。

最後に中国の爆発事件です。爆発の規模は世界的に見ても大きく、有毒物質まで出しているようです。 有毒物質が世界に回ると大変ですが、これが為替レートに影響を与えるのか、まだわかりません。今後、注意深く見守る必要があります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ