金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXに影響するのか?最近のニュースを検証してみました。

こんにちは、私はFX歴が約2ヶ月のトレーダーです。今日は最近のニュースをピックアップして、FXに対して影響があるのか?影響しないのか?判断してみることにしました。 まずは情報を得るためにテレビを付けます。テレビをつけると殺人事件がやっていました。この事件は子供か殺害される無残なものでした。 ニュースを見ていると、酷いことをする人間がいるものだと思いました。

しかし、これは私はFX為替レートに与える影響は悲しいですがほとんどないと思いました。あまり例えが良くありませんので、影響のありそうなものを書いてみます。 それは大きな戦争になった場合です。戦争になったら為替レートどころではありません。戦争になった国の国民はFXから手を引く人が増えるでしょう。 しかも、戦争は国家を揺るがすことになるから、世界の投資家は一気にその当事国の通貨を手放すかもしれないのです。

さて、次のニュースです。それは夏休みの宿題代行サービスが増えているというものです。これは受験勉強が忙しい子供のためにあるもので為替レートはこの材料では影響がないと思われます。 しかし、子供逹が夏休みだといいますが、投資家も同じ人間なので夏休みを取っているはずです。例えばお盆休みがあります。この時は、いかに投資家であっても、FXをポジションをクローズしている人も多いと思います。

よって、夏休みというキーワードだけなら、為替レートに対しての影響はあるのかもしれません。 最後のニュースは鹿児島の火山活動の活発化です。火山活動は直接FXのマーケットに関係はありませんが、火山活動の規模が大きくなったら話は変わってくるかもしれません。

火山活動で避難指示がでたらFXをやっている投資家はポジションをクローズしなくてはなりません。 これが鹿児島ではなく、富士山が大噴火を起こしたら、神奈川県全体に避難指示か出るかもしれません。よって火山活動が為替レートに少なからず影響を与えてもおかしくないと思いました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ