金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXのチャートで売買ポイントを書いていきます。

こんにちは、私FXまだ初心者のトレーダーです。FXって為替レートを見ながら外国の通貨を売買するのだけど、大体の人が売買するときチャートを見てタイミングをはかって取引をしています。 よってチャートを勉強すれば、勝てるようになるかもしれません。よって今日はチャートを勉強していきたいと思います。

チャートはロウソク足チャートの読み方を勉強しなくてはならないけど、今日はローソクチャートは飛ばして、買いのタイミングと売りのタイミングを書いていこうと思います。 まず初めに買いのタイミングを2つ勉強します。買いのタイミング1つ目は、トレンドが右肩上がりの時の押し目です。この時は為替レートの値段が移動平均線に近づいたら買いです。移動平均線を少し割っても問題はないでしょう。

しかし、買う時はできるだけ上げ始めて一回目の押しを狙うことにします。 買いのタイミング2つ目はどん底からの反発です。通貨の価格が下がり始めてしばらく経ち、下がりきってからチャートが横横になり、その後に上向いたら買いをいれます。 この時はどん底からの回復ですから、買ったポジジョンをしばらく持っていきます。 買うタイミングがわかったなら、次は売るタイミングです。

まず初めにトレンドが右肩上がりの場合です。 移動平均線あたりで買い付けた後にしばらく待つと、大抵の場合は反発して上がってきます。 よって売るタイミングはチャート的に山ができたところになります。しかし、山が出来たところで、自分でどれだけの価格で売るかを考えておきます。

次のどん底からの回復で買う方法での売りですが、これはしばらく我慢した後に売ることにします。 売るときの目標はあらかじめ自分で設定しておきます。例えば1パーセントの上昇で売るなどです。 しかし、私は前にも書いたとうりで、どん底からの回復にはしばらく我慢した方が良いと思います。もし我慢して価格がまた下がって来たら、その時は損切りをすれば良いのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ