金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

無職でFXで生活するのは貯金がたくさんいります。

こんにちは、私は30代の名もない投資家です。私はFXで生活するために最近、猛勉強中です。 今日は、FXを取引していくために最低限必要なことを書いていこうと思います。 まず必要なものはFXの口座とお金です。FXの口座は大手で財務が健全であればどこでも良いと思います。しかし、大手の会社を比較して、自分により合ったところを選ぶと良いと思います。

次にお金ですが、FXの場合は株とは違ってレバレッジが25倍使うことができます(2015年現在)。よって用意するお金は少額で良いと思います。 サラリーマンであればボーナスをもらった残りの10万円でFXをやれば250万円ぶんの取引ができます。 主婦の場合なら、毎月のパート代金5万円をFXに当てることにより、125万円ぶんの取引ができます。

しかし、問題なのは私のような働いてない人です。働いてない人はお金がありません。よって初めはFXを無職でやることはやめておいて、お金を貯めてからFXをやる必要があります。 よって、貯金はどれだけ持っていればよいのかという目標も立てる必要があります。

まず貯金額の目標パート1です。貯金額を100万円に設定します。そうすると、1ヶ月5万円の貯金で2年もあれば貯まると思います。 しかし、100万円だけなら、仕事を辞めたらすぐに生活で無くなってしまいます。よって貯金額はもっと多くする必要があります。

仮に1年生活できる額を貯めて、更に100万円貯めるとします。そうすると少なくとも250万円ぐらいは必要だと思います。 150万円あれば1年はやっていけると思います。しかし、残りの100万で確実に生活費を稼いでいかなくてはなりません。 生活するには月に10万円は要りますから、10万円を稼ぐ実力も備わっていなければならないのです。 よって、仕事をするとともにFXの取引を勉強し、経験を積まなくてはならないのです。 そう考えると無職の私はFXで勝っていくのは険しい道のりだなと思いました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ