金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

お金を2つに分散しておいてリスクをできるだけ減らす

FXで売買をするとなると、大きく分ければ2つの選択肢があります。自動的なシステムに全てを任せる方法と、手動のシステムがあるのですね。後者は、いわゆる裁量取引という表現が用いられる事もあります。 ところで一部の方々は、その2つの商品を併用している事があるのです。例えば100万円があるとしましょう。そのお金を全て自動的なシステムに任せるのでは無く、あえて分割をする方法もある訳ですね。

例えば単純な方法で言えば、まず50万を自動的なシステムの口座に預けます。そして残る50万は、手動のシステムに預けることになる訳ですが、単純に2分割をしている事になるのですね。 そしてこのやり方には、大きなメリットが1つあるのです。万が一の損が生じた時でも、それほど大きな被害を受けるとは限らない点です。

例えば手動の口座において、ちょっと失敗をしてしまったとしましょう。それで最終的にはロスカットになってしまい、資産が激減してしまったとします。案外とよくあるパターンですね。 ところがそれで資産が激減をしても、全ての資金が無くなる訳ではありません。なぜなら手動の口座に預けているお金は、前述のように50万になっているからです。

もしもそれが100万の場合は、話は全く異なってくるでしょう。全てのお金が失われてしまっている訳ですから、その被害はとても大きいと思います。 逆に手動の口座では無く、自動の口座で損失が発生した時にも、やはり話は同様なのですね。やはり最大の損失額は50万に限定される事になるのですから、分散をするメリットはとても大きい訳です。

ですのでこの金融商品で売買をしようと思うならば、上記のように2つに分けてみるのも一法でしょう。それで自分のダメージを軽減できる訳ですから、やはり実行してみる価値はあるでしょう。 基本的にFXは、自分の全財産は預けない方が良いですね。全てのお金を預けると言うより、一部だけをそこに入金しておくのは良いのではないでしょうか。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ