金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

冷静な頭で決めた逆指値はキャンセルしない

FXでは、逆指値という方法があります。いわゆる予約注文の1つですね。 そしてこの投資商品では、逆指値を使うことはとても大切だと思います。なぜならその使い方次第で、自分の利益率が大きく変わる傾向があるからです。 逆指値のメリットですが、自分の損失をある程度限定できることですね。いわゆる損切りなどを設定しておくのは、やはりこの金融商品では非常に大切だと思うのです。

ところで、実は逆指値には致命的なデメリットも1つあります。キャンセルが可能な点ですね。 例えばある時に逆指値を設定し、それで色々と迷いが生じたとしましょう。とてもよくあるパターンです。 そして一度決めた逆指値を、別の値段などに設定し直したいと思う事があるのですね。もしくは逆指値自体をキャンセルしたいと思うケースも見られます。 ところがそのキャンセルは、実はあまり良くないケースがほとんどなのです。

なぜならキャンセルをしてしまいますと、たいていは高い確率で損失になってしまうからです。 そもそも逆指値の注文をしているタイミングでは、頭がとても冷静になっているケースが目立ちます。チャートなどを冷静に分析した結果、逆指値の数値を算出するケースも非常に多いですね。 ところが上記のようにキャンセルをしたいと思っているタイミングでは、ちょっと頭の冷静さが欠けている傾向があります。

それで大きな損失が発生してしまうケースも、たまに見られる訳ですね。 ですのでこの金融商品では、一度決定した逆指値などは、絶対にキャンセルしない方が良いでしょう。冷静な頭で売買をしている数値などは、たいていは利益になる確率が高いからです。 何も逆指値だけではありません。通常バージョンの指値も同様です。

それも一度冷静な頭で決定をした時には、やはりキャンセルをしない方が無難なのですね。キャンセルをしてしまえば、損失率が高まってしまう可能性があるからです。総じて指値をキャンセルしないようにするのが、FXの大きなポイントの1つだと考えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ