金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

損切りは雑誌のようなものと割り切って淡々と行うべき

FXでは、しばしばコストが発生します。それにも様々な種類があるのですが、ある程度腕が上達した方々などは、損切りはコストの1つとして割りきっている傾向があります。 そもそも損切りは、ある程度仕方ない一面があるのです。というのもどれだけレベルが上達している方々でも、それを経験しているケースが大変多い訳ですね。

この金融商品に関する情報サイトでは、しばしばプロの方々が何らかのコメントをしているでしょう。今後の予想などに関して、色々とコメントをしているプロの方々も見られますが、実はその方々も損切りなどは経験しているのですね。かなり専門的な知識が豊富そうに見えていても、やはりこの金融商品では損切りは不可避な一面がある訳です。 それは何もプロの方々だけではありません。

個人トレーダーの中には、利益率が優秀な方も見られるのですが、それでも非常に多くの回数の損切りは経験している状況です。 ですので損切りというのは、かなり利益率が高い方々でも避けられない一面がある訳ですね。という事は、やはり損切りはある程度の割り切りが必要だと思います。損切りの回数をゼロにするのは限りなく難しい訳ですから、それが生じるのは当然だと思って売買をする方が、気楽な一面もあるでしょう。

ちなみに以前にある方が、なかなか興味深いことを話していました。損切りは、雑誌に近い一面があるのだそうです。 私たちは日々コンビニなどで、雑誌などを購入するでしょう。そして雑誌などは、いわゆる日常的なコストに近い一面がありますね。日常生活における、必須コストは1つだと考えられる訳です。

損切りもそれは全く同じです。雑誌などはほぼ毎週のように購入する訳ですが、このFXという商品で売買をする以上は、やはりそのコストは避けられないとも考えられる訳ですね。 ですので損切りは、ある意味仕方がありません。普段の雑誌と同じく淡々と損切りできるようになれば、FXのトレーダーとしては一人前だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ