金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

金融トレーダーの方々がポンドを担当したくないと思う理由

外貨を用いる商品で売買をしている方の中には、プロの方々も見られます。いわゆる個人トレーダーだけで無く、金融会社でお勤めの方々が、その商品で売買をしている事もあるのですね。金融会社のトレーディングルームなどで、積極的に売買をしている方も見られます。 ところでトレーディングルームに配属されるとなると、必ず何らかの外貨を割り振られる事になります。

ちなみにそれは、会社都合によって決定されるケースがほとんどなのですね。 どういう事かというと、FXにはポンドや米ドルやユーロなど様々な外貨があります。そしてトレーディングルームでは様々なスタッフの方が取引を行う事になるのですが、それぞれ担当の外貨を割り振られる事になるのですね。

ところでその方々の中には、外貨に対する好き嫌いなどが色々とあるようです。そして多くの方々があまり好んでいないのが、イギリスのポンドだそうです。他の外貨で売買をするのは問題無くても、その外貨だけは絶対に遠慮したいと思っているトレーダーの方々は、非常に多いようですね。

ではなぜ多くの方々がその外貨を敬遠しているかというと、恐らく2つの理由があるのではないでしょうか。まず1つ目の理由は、値動きの大きさです。 イギリスのポンドという外貨は、他に比べると非常に大きな動きが発生している傾向があります。ユーロなどもかなり激しく動いていますが、ポンドはそれ以上の激しさを誇っているのですね。

そして金融トレーダーとしても、やはりあまり大きな動きが生じる外貨などは、敬遠したいと思っている傾向があります。ですのでポンドだけは担当したくないと思う方が多いのではないでしょうか。 それともう1つの理由は、その外貨の不規則性です。そもそも外貨の動きには、ある程度のパターンが見られるのです。

一見するとイレギュラーな動きが生じているように見えても、実は一定の法則が見られます。ところがポンドの場合は、かなり動きが特殊になっているので、その法則に当てはめるのが難しい訳ですね。 そのような2つの理由により、多くの金融トレーダーの方々はあまりポンドを担当したくないのだと考えられます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ