金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

自社での営業活動などを行う事はほぼないFX

FXという商品は、実は勧誘に関する大きな特徴があります。その商品を提供している会社は、あまり強く勧誘をしている事が無いのです。 そもそも人々は、金融関連の勧誘を受けているケースは極めて少ないです。例えばFXの会社からの電話ですね。 私たちには、たまにどこかの会社から営業電話が来るでしょう。いわゆるテレホンアポインターの方などが電話をしているケースが多いのですが、FXに関しては例外的だと思います。

今までの営業電話を振り返ってみると分かると思いますが、そもそもFXの会社から電話が来た事は、1回も無いのではないでしょうか。何か別の商品での電話はあっても、FXの電話はほぼ皆無だと思う方も珍しくありません。 ではなぜFXの会社が電話をしないかというと、金融業界ではそのようなルールになっているのですね。そもそも投資業界では、あまり無作為な勧誘をしてはいけない事になっています。

いわゆる銀行に似ている一面があるのですね。 そもそもどこかの個人宅に銀行の営業マンが飛び込み訪問に来ているかといえば、まず間違い無くそれはあり得ないでしょう。銀行としては、いわゆる待ちの姿勢で営業活動を行っているのですね。積極的な営業活動を行うのは、禁じられているのだそうです。

そしてFXの会社も、それは同様です。あまり自分らの方から営業活動を行うのは難しく、やはり銀行と同じく待ちの姿勢になっている訳ですね。受け身の営業をしているのは、FXの大きな特徴の1つと言えます。 ちなみに、このような話を聞きますと、うちは例外だ等と話している方もたまに見られます。FXの会社から過去に電話が来たと主張している方も、たまに見られるのですね。

しかし実は、それは金融会社が営業していると考えられないです。どこか別の代理店が営業活動をしている可能性が、極めて高いです。もしくはFXを用いての間接的な投資信託などでの営業活動が行われている可能性もあります。 「金融会社自らが営業活動を行うのはまず無い」のは、FXの特徴の1つなのですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ