金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

先物よりも幅広い日で売買をする事ができるメリット

FXに似ている投資商品は、色々とあります。その1つが先物投資になります。 その商品は、本当にFXによく似ていると思いますね。どちらも空売りを仕掛けることができますし、一気に大きく稼げる可能性を秘めているからです。 ところでその2つの商品には、取引が可能な日に関する違いがあります。

どちらかと言えば、FXの方は幅広いタイミングで売買ができる傾向があるのです。それに大きな魅力を感じている方々も、決して少なくありません。 というのも先物の場合は、取引ができる日がかなり限定されている一面があります。その1つがゴールデンウィークなのです。

先物の場合は、実は実質的にゴールデンウィークに売買をするのは困難な商品になります。というのも先物の会社の場合は、いわゆるカレンダー通りに動いているケースが大変多いのです。ゴールデンウィークでは、カレンダーでは数日連続で赤色で表記されている事も多いですが、それら全ての日において休日になっているのが先物という事になります。

ところがFXの場合は、たとえゴールデンウィークのタイミングでも、幅広い日で売買をする事ができるのですね。というのもFXの場合は、必ずしもカレンダー通りに動いていない一面があります。むしろ土曜日や日曜日などを重視しているので、先物とはやや異なる商品になる訳ですね。 またゴールデンウィークだけでなく、それ以外の連休も同様です。いわゆる正月休みなどでも、FXの方が幅広い日程にて売買をする事ができます。

その幅広さは、FXの大きな特徴の1つと言えるでしょう。 そして、人によってはそれが大きなメリットだと感じている事もあります。というのも先物のように日にちが限定されてしまっていれば、それだけ売買ができるチャンスも限られてしまうからです。逆にFXのように幅広い日程で売買ができると、とても便利だと思う方々も少なくありません。日数が多い商品が望ましいと思うなら、先物よりはFXの方が良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ