金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

利益率だけでなく過去の売買の回数にも着目する

最近のFXの会社は、システムトレードと呼ばれるものを提供している傾向があります。あれは非常に便利ですね。独自の売買ルールなどに基づいて、売買を代行してくれるからです。 特にそのルールは、サラリーマンの方々にとっては非常に便利ではないでしょうか。普段からお仕事をしている方々の場合は、少なくとも昼間の時間帯は勤務先で作業に集中しなければなりません。ですので成り行きでの売買は、少々難しい傾向があります。

ところがシステムトレードの場合は、全ての売買を代行してくれる訳ですから、やはり普段から働いている方にとってはメリットは大きいと思います。ただしそれを利用する為には、必ずと言って良いほどルールを選ぶことになります。そして、それが非常に大切なのですね。

何せ代行を任せる訳ですから、やはり稼げるか否かは、ルールが優秀か否かに左右される傾向があります。あまり優秀でなければ、パフォーマンスが悪くなってしまう可能性があるでしょう。逆に非常に優秀なルールの場合は、それだけ大きく稼げる可能性をある訳ですね。 そして多くのサラリーマンの方は、そのルールを勝率や利益率などで判断している傾向があります。実際それは、確かに重要なポイントだと思うのですね。

ところが売買のルールは、実は利益率だけでは判断できない一面もあります。なぜならそのルールの回数によって、パフォーマンスなども大きく違ってくる可能性があるからです。 一番肝心なのは、何回ほど売買が行われていたか否かです。あまり回数が少ないとなると、少々信頼できない一面もあるのですね。 例えばあるルールの場合は、過去10回程のパフォーマンスが非常に優秀だったとします。

そして別のルールの場合、過去100回程度でのパフォーマンスがそこそこ優秀だったとしましょう。パフォーマンスだけを見ると、前者の方が信頼できるように見えるでしょう。しかし前者のルールは、わずか10回程度です。回数が少なすぎるので、少々データ不足だとも考えられるのですね。 ですのでシステムトレードを選ぶ時には、やはり回数を確認する方が良いと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ