金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXでは所得が分かる書面などは求められるのか

FXでの口座を作るとなると、まずは審査を受けることになります。 そもそも金融関連の商品では、審査を受けることが非常に多いのですね。例えば銀行で口座を作る時には、まず間違い無くそれを受けることになるでしょう。もちろんその審査で通っていれば、口座を作ることができる訳です。

またキャッシングなどの商品でも、それは同様なのですね。その融資商品の場合でも、やはり審査に通る必要があります。 ところでFXでも審査を受けることになる訳ですが、一度でもキャッシングの審査を経験した方の場合は、現在の収入が気になっている事も多いです。というのも収入の状況によっては、難しいのではないかと思っているからです。

キャッシングによる審査の場合は、確かに収入は重視される傾向があります。とりわけ多くのお金を借りたい時には、その傾向が顕著です。一般的には、借りる金額が50万などを超過した時には、現在の所得が分かる書面が求められるケースが多いですね。 現に一部の金融会社では、給料明細が求められる事になります。最近発行された数ヶ月分の給料明細を提出する必要があり、それが無いと会社から借りる事はできません。

そのような現状がある事を踏まえると、FXで審査を受ける時にも、給料明細など必要になってくると思われるかもしれません。しかし、実際にはそうではないのです。 というのもFXでの審査では、現在の所得などはあまり重視されない傾向があります。というよりも、お勤め先の情報などはほとんど重視されないのですね。

この金融商品では、無職の方々もよく審査に通っています。現在のお勤め先の情報というよりは、むしろリスクの理解度や金融資産などの方が、審査における重要度が高めになっている訳ですね。ですので前述のキャッシングのように、給料明細の提出が求められるケースは、まずあり得ないと考えて良いでしょう。どちらも同じ金融商品ではありますが、FXの場合はまた基準が異なっている訳ですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ