金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションのレンジについて

バイナリーオプションと言えば、精算時刻ののレートが上昇しているか下落しているかを予測するハイローオプションが有名ですが、それ以外にも色々なものがあります。その一つがレンジです。レンジとは「幅」という意味だと考えれば良いです。為替レートが設定された価格帯に収まるのかどうかを予測するのがレンジで、バイナリーオプションの中では人気を集めつつあると言えるでしょう。

バイナリーオプションでは、精算時刻のレートがどのようになっているのかを予測しますが、レンジの場合には幅が決められていて、その幅に収まるか、あるいはその幅から外れるのかを予測します。ハイローオプションと基本的な部分では違いはありませんが、使い方は様々です。

レンジに収まると言うことは変動が小さいことを指します。ですから、変動が大きいのか小さいのかを予測するものだとも言って良いでしょう。変動がどのようになるのかを予測するだけなら、予測しやすいと考えられます。変動が大きくなりやすいシーンというのはよくあります。 たとえば、雇用統計が発表されるときです。雇用統計が発表されると為替レートは一気に変動することがあります。雇用統計については事前に予測が行われますが、予測通りの結果になった場合にはあまり変動はしませんが、事前予測と違った場合には大きく変動することがあります。事前予測よりも良ければドルが上昇すると考えるのは自然なことでしょう。

雇用統計が良ければ景気が回復し、それによって低金利政策が解除されると予測されます。ドルの利上げが行われると、それによってドルが上昇すると考えるのは自然なことで、だいたいこのようになります。事前予測はプロのアナリストが行うのですが、プロでも予測が葉難しく、予測を外すことも多くあります。プロが予測を外すのですから、雇用統計の発表によって為替レートが上昇するか下落するかを予測するのは非常に難しいことと言わざるを得ません。ですから、ハイローオプションで稼ぐのは、実は難しいのです。

レンジであればある程度の予測は可能でしょう。雇用統計だけではなくて、重要な経済指標の発表の時にも同じように取引ができます。また、金融政策に影響を与える人が何らかの発言をした場合にもレートが変動する可能性があります。たとえば日銀総裁が何か話した場合には、それだけで為替レートが変動することもありますから、このようなときにもレンジで稼ぐこともできるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ