金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

モンテカルロによって利益が生じる仕組みとそのデメリット

FXで稼ぐ方法には、色々な選択肢があります。その1つとして、モンテカルロという方法が挙げられます。 例えば現在の米ドルの価格が、131円になっていたとしましょう。それで今後は米ドルが上昇すると予想したので、買い玉を保有したとします。

ところが米ドルの動きというのは、それほど甘いものではありません。時には自分の予想と反して、反対方向に動いてしまう事もある訳ですね。つまり上記の状況では、130円台などに下落をしてしまう事もあります。 この場合、その130.5などのタイミングで、買い玉を保有しているやり方もあるのです。

その場合1枚だけを保有するのでは無く、例えば2枚などを保有するやり方もあるのですね。 2枚を保有するメリットですが、130円ちょうどのタイミングでの建玉の損失分を埋め合わせることができる点です。それで例えば130.75円まで上昇した時などは、その埋め合わせ分によって結局利益になる事も多い訳ですね。

しかし米ドルというのは、やはり甘いものではありません。時には130.5ではなく、130円ちょうどなどに下落をしてしまう事もある訳ですね。 しかしその場合でも、今度は4枚を保有するやり方があります。それで130.3などに再度の上昇をした場合には、やはり上記のような埋め合わせが生じる事もある訳です。それがいわゆるモンテカルロと呼ばれる手法になります。

実際にFXで売買をしている方の中には、そのモンテカルロによって一定程度の利益が生じている事もあります。ですので悪くない手法と考えられる訳ですね。 しかしそれには1つ条件があって、ある程度の元資金は求められる事になります。ずっと下落が継続していけば、相当程度なお金が必要になってしまう訳です。

ですので、資金が十分にある方々向けの手法であるとは言えるでしょう。 ただ何も考えずに売買をするよりは、確かに利益が発生する確率は高いと思います。資金が十分にあるならば、上記のやり方も検討している価値はあるのではないでしょうか。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ